占部建設工業株式会社
ARCHITECTURE

建築技術者

社員インタビュー

柏原充伸 建築技術者(2015年入社)

先輩プロフィール

大学卒業後、占部建設工業へ2015年に入社しました。
現在、建築部の施工管理に配属され、建築の施工中現場の安全管理や品質管理、作業の調整等を行っています。今年で入社4年目となり、公共施設、学校、浄化センター等、様々な建築現場を管理をしています。

採用情報 建築技術者

採用情報 建築技術者

仕事内容は?

今は、施工中現場の安全管理・品質管理・作業の調整を行っています。安全管理は、現場で働く人が安心して働けるように事故につながる恐れのある行動がないか等を確認しています。品質管理では施工中や完成後の写真を撮影しており、いつでも現場の状態を確認できるようにしています。作業の調整では協力会社の方と作業日程、作業、進捗度を確認しています。これら3つの仕事が思い通りに進むことはかなり難しいですが、進んでいるときはとてもやりがいを感じます。

入社の決め手は?

生まれ育った町に貢献できる仕事をしているから入社を決めました。当社が地元で多くの公共施設や道路を施工していることを知り、もっと詳しく調べると私が日常生活で利用している図書館やスポーツ施設も施工していることを知り、こんなに身近になったのに気づかず、とても驚きました。この会社であれば私が学んだ建築の知識を生かせ、地元に貢献できると思い、入社を決意しました。

採用情報 建築技術者

採用情報 建築技術者

今後の目標は?

より良い現場環境を作ることです。仕事内容にもありますが、私の仕事の第一は「現場で働く方が安心して働けるような職場環境を作ること」です。施工中現場で事故が起こればそこで働く方に迷惑をかけることになりますし、工事自体も中断してしまうことになります。私は定期巡回で安全に作業が行われているかをしっかりと確認していますが、もっと勉強して常に安全な現場環境を維持できるよう努めていきます。

建築技術者に向いている人はどのような人?

自信の持てる方だと思います。当社は主に第一次の受注者(元請)となる工事がとても多いです。現場では協力会社の方に指示を出す立場でもあります。そのような人が自信なさそうに話をしていると工事の進捗に影響が出るだけでなく、発注者の方や協力会社の方からの信頼も得にくくなります。
初めから自信を持てるわけではなく、経験を積んで少しずつ自信が生まれてくると思いますが、ぜひ、自分に自信が持てるようになりたい方と一緒に働きたいです。

採用情報 建築技術者

採用情報 建築技術者

応募者へメッセージを!

当社の建築工事では主に公共施設の新築・改築・耐震改修工事を行っており、いずれも社会インフラには欠かせないものになっています。責任が重い仕事ではありますが、工事が完成して建物などが姿を見せた時はものすごく大きな感動が生まれます。ぜひ、社会インフラに携わりたい方や大きな感動を一緒に味わえる方と一緒に働けることを楽しみにしています!

TOPへ